ハワイ諸島5+2大マラソンを紹介 :: スポナビ ハワイ マウイ・オーシャンフロント・マラソン、ビッグアイランド・インターナショナル・マラソン、ノースショア・マラソン、コナマラソン、カウアイマラソン、マウイマラソン、ホノルルマラソン
en-US
ハワイ諸島5+2大マラソン
ハワイ諸島5+2大マラソンについて

ハワイ諸島で行われるフルマラソンのカテゴリーがあるイベントをご紹介しています。

スポナビハワイでは、日本語ではほとんどPRされていないそれらのイベントを、日本のランナーが参加しやすいように日本語で完全バックアップ。日本語で参加申し込みができ、エントリー料もコンビニで支払いができてとても便利です。しかも出発前には日本語の現地スケジュール(最終案内)をお届けし、また当日スタート地点ではスタッフがご案内するなど、参加者に安心のサポートをご提供するスポナビアシストをご利用いただけます。
※JALホノルルマラソンを除く

ハワイ諸島5+2大マラソンを制覇した方に記念品を送っていたキャンペーンは2016年12月31日をもって終了いたしました。沢山のご応募、またイベントへのご参加ありがとうございました。キャンペーン終了後も、マラソン大会へのエントリーは引き続き行っております。

また、スポナビハワイでは2017年より「ハワイチャレンジ」というキャンペーンを行っております。このキャンペーンは、マラソンに限らずスイムやトライアスロン、サイクリングイベントも適応されます。
詳しくはこちら!


マウイ・オーシャンフロント・マラソン
マウイ島 2019年1月20日開催

フルマラソンは、マウイ島南のワイレア・リゾートからスタートし、キヘイを通過してラハイなでフィニッシュするという、まさに海沿いの美しいコース。開催時期はクジラが見えるシーズン!表彰式はビーチが目の前のシャンフロントパーク。クジラを眺めながら、ゆっくりと海に浸かってクールダウンできます。


ビッグ・アイランド・インターナショナル・マラソン
ハワイ島 2019年3月17日開催

ハワイ島の中でもノスタルジックな雰囲気のヒロで行われるイベント。海岸線に沿って走るコースは途中、熱帯雨林や滝、美しい溶岩ビーチなどの絶景が臨め、マイナスイオンたっぷりの世界で最も美しいコースを走るマラソンとも言われています。フルマラソン、ハーフマラソン、10キロラン、5キロラン、2マイルウォークの5種目があります。

ノースショア・マラソン
ノースショア・マラソン
オアフ島 2019年未定

観光地としても人気のあるオアフ島ノースショアで行われるイベント。古き良きハレイワの街からスタートしのんびりとしてモクレイアまで往復するほぼフラットなコースは、のどかなノースショアの雰囲気が楽しめます。また、レースの後のエンターテイメントやリフレッシュメントも充実しています。

コナ・マラソン
コナ・マラソン
ハワイ島 2019年6月30日開催

1994年に始まったランニングイベントで家族や仲間と楽しく走ることを目的としたレース。5K、クオーターマラソン、ハーフマラソン、フルマラソンからご自身のレベルに合った距離をお選びいただけます。2018年は1,700名以上の参加者が集まり、ハワイ諸島最大の島の大自然をローカルランナーと共に存分に味わうことができます。

カウアイ・マラソン
カウアイ・マラソン
カウアイ島 2019年9月1日開催

カウアイ島の南部に位置する高級リゾート、ポイプ地区からスタートし、美しいビーチや火山活動によってできた海岸沿いを走り、そして緑豊かな熱帯雨林へと続きます。夜が明ける頃には、樹齢100年以上もの木々が涼しげな木陰を作る「木のトンネル」と呼ばれる直線を走ります。フルマラソンは、高度差のあるチャレンジングなコースとしても知られています。

マウイマラソン&ハーフマラソン
マウイマラソン&ハーフマラソン
マウイ島 2019年10月13日開催

ハワイ州で最も歴史あるランニング・イベント。景色の良いマラソンコーストップ10に選ばれるなど、世界のマラソンコースの中でもとりわけ美しい海岸線沿いを走るコース設定となっています。年々参加者が増え続けており、アメリカ本土はもちろん世界各国からランナーが集まります。同日にハーフ、10キロ、5キロもあるので、どなたでも参加できるイベントです。

JALホノルルマラソン
JALホノルルマラソン
オアフ島 2018年12月9日開催

全米4大マラソンの一つとして数えられ、世界で6番目の参加規模を誇ります。盛大に花火が打ち上がる中、アラモアナからスタートして、ダウンタウンを通過、ワイキキのカラカウア通りを抜けてダイヤモンドヘッドを越え、ハワイカイ地区で折り返します。満7歳以上で参加でき、制限時間がないことから「世界一の市民マラソン大会」と呼ばれています。
次回スポナビアシスト付きレース
 コナ・マラソン

マウイマラソン&ハーフマラソン2018
開催日:2018年10月14日(日)
マウイ島/カフルイ・カアナパリ

 

今回で48回目を迎えるマウイ・マラソンは、ハワイ州で最も歴史あるランニング・イベント。最も景色の良いマラソンコーストップ10に選ばれるなど、世界の マラソンコースの中でもとりわけ美しい海岸線沿いを走るコース設定となっています。
フルマラソンのカテゴリーがあるイベント
日程 大会名 場所 種目 スタート 年齢制限 時間制限
2019.01.20 マウイ・オーシャンフロント・マラソン マウイ島ラハイナ ウォーカー
フル
ハーフ
15K
10K
5K
4:30
5:00
6:35
6:35
6:55
8:30
16歳以上
16歳以上
なし
なし
なし なし
7時間30分
7時間00分
5時間25分
5時間25分
5時間05分
3時間30分
2019.3.17 ビッグ・アイランド・インターナショナル・マラソン ハワイ島ヒロ フル
ハーフ
5K
6:00
6:15
6:30
16歳以上
16歳以上
なし
7時間00分
4時間00分
なし
2019年未定 ノースショア・マラソン
オアフ島ハレイワ フル
5K
5:00
6:30
10歳
なし
8時間00分
6時間30分
2019.6.30 コナ・マラソン ハワイ島コナ フル
ハーフ
クオーター
5K
5:30
6:00
7:00
6:45
なし 8時間00分
7時間30分
なし
なし
2019.9.1 カウアイ・マラソン カウアイ島ポイプ フル
ハーフ
6:00
6:00
16歳以上
なし
8時間00分
8時間00分
2019.10.13 マウイマラソン&ハーフマラソン マウイ島カアナパリ フル
ハーフ
10K
5K
リレー
5:30
5:30
6:30
8:00
5:30
16歳以上
16歳以上
なし
なし
なし
8時間00分
4時間00分
なし
1時間15分
なし
2018.12.9
JALホノルルマラソン オアフ島ホノルル フル
10K
1マイル
5:00
6:00
7歳以上
なし
なし
ハワイ諸島5+2大マラソン記事
Kazuki感動!JALホノルルマラソン2018体験談!

Kazuki感動!JALホノルルマラソン2018体験談!

あっという間のホノルルマラソンでした。スタートラインに立った時は、本当に感動してしまいました。そしてゴールが近づくと寂しさがこみ上げてきました。もっと走っていたいとさえ思いました。今回は、私のレース直前からレース直後まで、何をして、何を感じたかを書かせていただきたいと思います。
Kazukiがアドバイス!JALホノルルマラソンのための練習~本番前日~本番まで

Kazukiがアドバイス!JALホノルルマラソンのための練習~本番前日~本番まで

Aloha! はじめまして、スポナビレポーターKazukiです。ホノルルマラソンまで、後わずかとなりました。ホノルルマラソンを走られるみなさんにとっては、ワクワクであり、ドキドキであり、一大イベントであることは間違いないでしょう。私もそうです。さらに言えば、私のホノルルマラソンは、今回が最初で最後だからなおさら特別感があります。(2度目を期待したいところなのですが、仕事の都合上いつになるやら...笑)
JALホノルルマラソン2018最新情報

JALホノルルマラソン2018最新情報

12月9日(日)に開催される「JALホノルルマラソン」は、ホノルルで行われるビッグイベントの1つ。 フルマラソンだけでなく、10Kラン&ウォークの種目もあり、毎年、アメリカ本土やオーストラリア、もちろん日本からも、たくさんのランナーが集まります。 今年で46回目を迎えるこの大会の注目選手や魅力たっぷりの最新情報、ランナーにおススメのスペシャルスパ企画もあるので、ご紹介します。
2019年おススメ、ジョギングイベント!

2019年おススメ、ジョギングイベント!

Aloha!A-1です。今年もあと残り少なく2か月を切りましたが、もう来年はどんな大会に出ようかなあと計画を練り始めた方々も多いことと思います。そこで今回は、スポナビハワイがおススメする2019年上期のランニングイベントをご紹介したいと思います。今回はハワイに遊びに行くついでに気軽に観光気分でジョギングしたいぐらいな方に向いているイベントをご紹介します。マラソンは練習も必要だしちょっときついなあという方には、下記の大会で距離を選んでコースを選んでみてはいかがでしょうか?
魅力たっぷりの離島リゾートラン「マウイマラソン&ハーフマラソン2018」開催!

魅力たっぷりの離島リゾートラン「マウイマラソン&ハーフマラソン2018」開催!

マウイマラソン&ハーフマラソン2018」が10月14日に開催されました。 19ヵ国から全体で約2200人の参加者が集まった今年の様子をレポートします。