カメハメハ王像の貴重かもしれないフォト
en-US

カメハメハ王像の貴重かもしれないフォト

2016年5月26日   Number of views (1465) 

カメハメハ王像の貴重かもしれないフォト

あっという間にもう6月。6月といえばハワイ王朝を統一したカメハメハ王の誕生日がある月(11日)なのですが、王の像を有するオアフ島、ハワイ島を始め、各島では生誕を祝したセレモニーが開催されます。

ここオアフ島では毎年、前日にレイ・ドレーピングセレモニー、翌日にパレードが行われますが、今回はレイ・ドレーピングセレモニーについて少し。

ホノルル・マラソン・10kウォークのコース上でもカメハメハ王像の前を通るので、観光ポイントとしてだけではなく広く親しまれたホノルルのシンボルの1つと言えるかもしれません。ドレーピングセレモニーは王の子孫も参列する厳かな儀式で、消防署による協力のもと生花のレイがゆっくりと1つ1つ丁寧にかけられてゆきます。

諸理由があると聞きますが、ここ数年前からレイは本来の頭から肩にかける、ではなく
王像の両手にかけられるようになりました。こちらの写真は、本来のポジションにかけられてた直近の年の画像ですが、レイに埋もれてしまうかのように祝された王の様子が本当に見事でした。今年はどうでしょうか...一般にも公開されますので、お時間許す方は一度足を運ばれてはいかがでしょうか。 Keiko

 

レイ・ドレーピングセレモニー6月10日3時~
https://www.facebook.com/King-Kamehameha-Celebration-81970461589/


 


最近の投稿