まもなく開催!2019年ヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィン
en-US

まもなく開催!2019年ヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィン

2019年10月8日   Number of views (3886) 

Aloha! Masaです。

毎週末の休日は、初心者ですがサーフィンを楽しんでます。

言わずもがな、ハワイはサーフィンが盛んです。

サーファーの聖地と呼ばれるオアフ島ノースショアでは、10~3月頃までの冬がシーズンになります。

その期間に開かれる
「リーフ・ハワイアン・プロ」
「バンズ・ワールド・カップ・オブ・サーフィン」
「ビラボン・パイプ・マスターズ」

QSイベントの中でグレードの高いQS10,000が2つ、ワールドツアー最終戦となるパイプ・マスターズの3イベントを総称したのが、ヴァンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィンです。

今回は、トリプルクラウンのスケジュールについてご紹介します。

その前に.....WSL運営のプロサーフィンツアー「WCT」「WQS」

2017年も盛り上がったヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィン 写真: WSL / Poullenot

2020年東京オリンピックの正式種目になったサーフィン。

私もそうですが、今までサーフィンに縁がなかった者からすると、サーフィンってどんな競技?ということが先に来ると思います。

サーフィンには乗り方・技があり、その技の難易度によって点数がつけられるのですね。(スノーボードなどと似ているかも)

日本では五十嵐カノア選手がWCTの出場権を獲得したことで話題になりましたよね。

WSL
ワールドサーフリーグ(World Surf Leaque)の略。
プロサーファーのための統治団体。
旧世界プロサーフィン連盟(Association of Surfing Professionals)

WCT
ワールドチャンピオンシップツアー(World Championship Tour)の略。
サーファーの最高峰を決めるツアー型のコンテスト。
WCTに参加できるのは、
・メンズ:世界のトップ34(前年のWCTランクTOP22+WQSランクTOP10+WSL選出枠2名)
・ウイメンズ:世界のトップ17(前年のWCTランクTOP10+WQSランクTOP6+WSL選出枠1名)
※Wを略してCTと表記されることが多い

WQS
ワールドクオリファイングシリーズ(World Qualifying Series)の略。
予選大会。予選でポイントを獲得してランキングをあげ、CT(WCT)に出場できるようになるわけです。
QS1000とかQS10000など大会ごとにあるポイントを獲得していきます。
年間ランキングの算定は、獲得したポイントの高い方から5つを合算=トータルポイントになります。
※Wを略してQSと表記されることが多い

いかに五十嵐カノア選手がすごいか、わかりますね。

※五十嵐カノア選手がサーフィンしている動画です。

2019年トリプルクラウン スケジュール

リーフ・ハワイアン・プロ

1985年から始まるこの大会は、トリプルクラウンの始まりを告げるオープニングイベントです。

初戦のリーフ・ハワイアン・プロはファーストジュエル(FirstJewl)と呼ばれ、この大会で勝ち残った選手が次のヴァンズ・ワールドカップに進みます。

2018年はブラジルが制覇!ヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィン 写真: WSL / Heff

昨年は、ジョエル・パーキンソン(オーストラリア)が2008年、09年、10年と3連続トリプルクラウン経験のパーキンソンが制しました。。(昨年の大会情報はこちら

イベントグレード:QS10000イベント
開催地:ハレイワ アリィ ビーチパーク
期間:11月13日~11月24日
昨年(2018年)優勝者:ジョエル・パーキンソン

ヴァンズ・ワールド・カップ・オブ・サーフィン

1975年から始まるこの大会は、トリプルクラウン2戦目に位置します。

この大会で勝ち残った選手が、パイプラインで開催される最終戦パイプラインマスターズに進みます。

2018年はブラジルが制覇!ヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィン 写真: WSL / Keoki

昨年は、ハワイのイズキール・ラウが優勝しました。(昨年の大会情報はこちら

イベントグレード:QS10000イベント
開催地:サンセットビーチ
期間:11月25日~12月7日
昨年(2018年)優勝者:イズキール・ラウ

ビラボン・パイプ・マスターズ

パイプラインで開催されるトリプルクラウンの最終戦です。

今季ワールドチャンピオン、来季ツアー残留、トリプルクラウンのチャンピオンなどなど、さまざまな要素が絡み合うトリプルクラウン最終戦であり、メンズCT最終イベントです。

2018年はブラジルが制覇!ヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィン 写真: WSL / Sloane

昨年は、ブラジルのガブリエル・メディーナが決勝でジュリアン・ウィルソン(オーストラリア)を下し優勝、ガブリエルは、2度目(2014、2018)のワールド・タイトルと初のビラボン・パイプ・マスターズ・タイトルを勝ち取りました。(昨年の大会情報はこちら

イベントグレード:CTイベント
開催地:バンザイ パイプライン
期間:12月8日~12月20日
昨年(2018年)優勝者:ガブリエル・メディーナ

今年のジョンジョン・フローレンス

五十嵐カノアが大活躍!ビラボン・パイプ・マスターズ2017

(c)WSL / Heff http://freesurfmagazine.com/

※「THE SURF NEWS」https://www.surfnews.jp/news_topics/news/21611/より引用

現在ワールドランキング1位のジョン・ジョン・フローレンス(26歳)が、7月9日から南アフリカのJベイで行われるチャンピオンシップツアー(CT)第6戦 を欠場することを、自身のInstagramで 発表した。

原因は右膝靭帯の損傷で、復帰は来シーズンになる可能性もある。

2018年、バリで開催されたCT第5戦『Corona Bali Protected』のフリーサーフィン中に右膝を負傷し、第6戦以降は治療に専念するため全て欠場していたジョンジョン。

2016年・2017年と2年連続でワールドチャンピオンの座に輝き、今シーズンも年間11戦中5戦終了時点でランキング1位につけていたジョンジョン。

今回の怪我により、残り全戦欠場となれば3度目のタイトルは先送りになるのは確実。

また、今シーズンのCT最終ランキングは、2020年東京五輪の出場権がかかっており、男子10位以内かつアメリカで上位2位に入る必要がある。コロヘ・アンディーノ、コナー・コフィン、ケリー・スレーターの最終結果によっては、ジョンジョンが米国代表から外れる可能性もある。

初めて&経験者にもおすすめのサーフィンレッスン

観るだけでなく、サーフィンをしてみたい方におすすめのサーフィンレッスン。

ハワイに来たなら是非、体験してみてくださいね!