A-1がオススメするハワイのトライアスロン2018はこれだ!
en-US

A-1がオススメするハワイのトライアスロン2018はこれだ!

2018年2月13日   Number of views (357)  ホノルルトライアスロンティンマン・トライアスロンアイアンマン70.3ラニカイ・トライアスロンH3トライアスロン

アロハ!スポーツナビゲーターのA-1です。ハワイでは、3月ぐらいから10月までたくさんのトライアスロン大会が開催されています。

初心者デビューにちょうど良い距離の短いスプリントからアイアンマンの世界選手権であるワールドチャンピオンシップまで、アイアンマン発祥の地といわれるハワイならではのたくさんの大会があります。

それでは、参加者のレベルによってどの大会がおすすめなのかご紹介したいと思います。

ラニカイ・トライアスロン2018

A-1がオススメするハワイのトライアスロン2018はこれだ!

まず初心者にとって参加しやすい大会は、距離の短いスプリントディスタンス。

今年は4月10日に開催されるラニカイトライアスロン2018は、スイム500m、バイク16km、ラン5kmという超スプリント。

A-1がオススメするハワイのトライアスロン2018はこれだ!

参加者の定員は約300名限定。美しいカイルアビーチでちょこっと泳いで、バイクもランもカイルア&ラニカイの街中を走るというコース。

ランの後半はビーチを走るという半分オフロード的なユニークなコース。

参加者のほとんどがローカルアスリートですが、トライアスロン初挑戦の人たちも多いので、練習にはぴったりです。

スポナビハワイでは、送迎付きで皆さんをサポートいたしますので、美しいラニカイでトライアスロンを始めてみたい方は是非!!

ラニカイ・トライアスロン
開催日:4月15日
距離:スイム500m、バイク16km、ラン5.6km

ホノルルトライアスロン2018

A-1がオススメするハワイのトライアスロン2018はこれだ!

そして今年は5月13日に開催されるホノルルトライアスロン2018。

この大会もスプリント(スイム750m、バイク20km、ラン5km)とオリンピック(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)ディスタンスの2つがあるので、大会初デビューから経験者まで楽しめる大会です。

A-1がオススメするハワイのトライアスロン2018はこれだ!

スイムコースは、リーフの内側なのでほとんど波もなくライフガードもたくさん配置されているので、泳ぎに自信がない人でも特に心配はいりません。

バイクは、空港方面に向かうニミッツハイウェイを完全道路封鎖しているので信号や車に気を取られることがありません。また、ほとんどフラットでスピードも出やすく走り易いコースです。

最後のランは、アラモアナ公園内を走るコースなので、一緒に走る仲間ともすれ違い、家族や友人の応援も受けられるのでとてもフレンドリーなコースといえるでしょう。

今年はSUP&RUNなど新しい種目も増えているので、大会まで3か月。何かに挑戦してみてはいかがですか?
→昨年の模様

ホノルルトライアスロン
開催日:5月13日
距離:スプリント(スイム750m、バイク20km、ラン5km)、オリンピック(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)
公式サイト(日本語):http://honolulutriathlon.jp/
※お問い合わせなどは直接主催者へお願いいたします。

アイアンマン70.3ホヌ

ハワイで気軽にサイクリングツアー「タンタラスのダウンヒルライド」

オリンピックディスタンスが簡単になってきて、少しミディアム、ロングの距離に挑戦してみたい方は、ハワイ島で開催されるアイアンマン70.3(ハーフアイアンマン)がおすすめです。

A-1がオススメするハワイのトライアスロン2018はこれだ!

今年は6月2日にハワイ島マウナラニリゾートで開催されます。僕もこの大会は3回ほど出ましたが、なんといっても海が本当にきれい。

ハプナビーチで泳ぐのすが、透明度が本当にきれいで海の底や熱帯魚たちを眺めながら泳いだのを覚えています。

半面、バイクはアイアンマンのコースでもあるコハラ山脈をしたから上ってハヴィで折り返すコースは結構きついし、ランはマウナラニリゾート内のゴルフ場(芝の上)を走るのでこちらも暑さとの闘いを避けて通れません。

でも、だからこそ挑戦したくなるそんなコースです。

毎年3月には完売になりますが、まだ少しスロットが残っているようなのでご興味のある方は、早めにポチをお勧めします。

アイアンマン70.3ホヌ
開催日:6月2日
距離:スイム1.9km、バイク90km、ラン21km
公式サイト(英語):http://www.ironman.com/triathlon/events/americas/ironman-70.3/hawaii/register.aspx#axzz570yP05Ur
※お問い合わせなどは直接主催者へお願いいたします。

ティンマン・トライアスロン2018

ブリキ缶マンが応援!ティンマン・トライアスロン2017

歴史がある大会といえば7月22日に開催されるティンマン・トライアスロン2018。ダイヤモンドヘッド麓にあるカピオラニ公園にトランジションエリアを構えるので、ワイキキに宿泊する海外からの旅行者にはとても便利。

ブリキ缶マンが応援!ティンマン・トライアスロン2017

スイムが750mという変則オリンピックディスタンスの大会で、バイクはハワイカイ(ハートブレイクヒル含む)40km、ランはダイヤモンドヘッドの周り10kmというコースです。

毎年500名ぐらいの地元トライアスリートが多く参加しています。

このリゾート&ローカル型大会に旅行者が気軽に参加できるようスポナビハワイでレンタルバイクなどのアシストも行いますので、お気軽にどうぞ。
→昨年の模様

ティンマン・トライアスロン
開催日:7月22日
距離:スイム750m、バイク40km、ラン10km

H3トライアスロン2018

高速道路をバイクで走るって刺激的!「H3トライアスロン」

オアフ島を横断するH-3という高速道路を走るトライアスロンが今年も10月下旬(20日の予定)で開催されます。

A-1がオススメするハワイのトライアスロン2018はこれだ!

スイムはアラモアナ・ビーチパークを1.5km。バイクはアラモアナから高速道路H3を使いカネオヘへ43km。この景色が本当に素晴らしい!

普段は走れない高速道路は前半はコオラウ山脈に向かい上り坂ですが、中間地点のトンネルを抜けるとそこは雪国ではなく、青い海が眼下に広がります。

最後のランは、米軍施設内を10km走るという普段走れないコースなので、地元のアスリート、サイクリストもこぞって参加しています。

こちらも送迎、日本語アシストとスポナビハワイでばっちりサポートしますので、H3を走るというまたとないチャンスをお楽しみください。
→昨年の模様

H3トライアスロン
開催日:10月下旬(20日の予定)
距離:スイム1.5km、バイク43km、ラン10km

以上、A-1がおすすめするハワイのトライアスロン大会2018のベスト5。ご自分のレベルや参加目的にあわせて、ハワイの大会を楽しんでくださいね。

Happy racing!