フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!
en-US

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

2017年8月25日   Number of views (1231) 

Aloha! Tyraです。7月末日、日本でも人気のクムフラ(フラの先生)、ブレイン・キア氏よりご招待をいただき、彼が率いる「ハーラウ・カ・ヴァイカヘ・ラニ・マーリエ(Hālau Ka Waikahe Lani Mālie)」と 「ハーラウ・カフラリヴァイ(Hālau Kahulaliwai)」のホイケ(Ho'ike)へ行って参りました。ホイケとは、「発表会」のことで、日頃の練習の成果を発表する場であり、ハーラウ(学校・教室)にとって大事なイベントの1つになります。

会場のニール S. ブライスデル・センター

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

今回のホイケは、クム・ブレインが、ケイキからクプナまで、フラを指導されて30周年にあたる記念のホイケであり、世界5ヶ国(アメリカ、タヒチ、ニュージーランド、カナダおよび日本)14ヶ所の教室から総勢400名が集結し行われた盛大なホイケとなりました。

ブレイン・キア先生

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

ハーラウ・カ・ヴァイカヘ・ラニ・マーリエ&ハーラウ・カフラリヴァイのクムフラとして、フラを指導して30年。世界5ヶ国(同上)に教室をもち、1500名を超える生徒を率いている。多彩な才能から、俳優、ミュージシャン、カルチュアル・ディレクターとしても活躍。また、毎年10月にオアフ島で開催されるフラ・ホオラウナ・アロハ(Hula Hoʻolauna Aloha)を長年に渡りサポートをしてくださっている。

感謝の表彰式

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

30周年を記念する今回のホイケには、クムフラのロエア・カヴァイカプオカラニ・ヒューエット氏を始めとする偉大なクムフラたちが多数ゲストとして招かれていました。また、スポナビハワイA-1もクム・ブレインとの信頼と尊敬のもと築かれたパートナーシップと功績が認められ、舞台へと上がりました。

偉大なクムたちへ

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

ステージ上には、偉大なクムフラたちの写真が掲げられていました。中央から故ダリル・ルペヌイ氏、右側は故ジョン・カイミカウア氏、そして左側はロエア・カヴァイカプオカラニ・ヒューエット氏。クム・ブレインは彼らからフラを学びました。彼らに捧げる、彼らと共に踊るフラ・ホイケの始まりです。

フラ・カヒコ(古典フラ)

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

クム・ブレインが尊敬するクムたちに捧げられたフラ・カヒコ。各国から集結したダンサーが一丸となり踊る群舞(1曲あたり100~160人ぐらい)は圧巻の一言。カヒコの神聖な舞にも心を打たれます。

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

クム・ブレインのご子息(中央)も堂々としたカヒコを披露されていました。毎週火曜日にワイキキ・ビーチ・ウォークで行われている「ク・ハアヘオ・ハワイアンミュージック&フラ」のステージで、初めて彼のフラ見て以来、どんどん力強いフラになっています。

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

子どもたちが真剣に、そして一生懸命に踊る姿をみていると、こうしてフラの伝統は、次の世代から、また次の世代へと受け継がれていくのだなぁと感じます。

フラ・アウアナ(現代フラ)

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

カヒコの神聖な雰囲気から一変し、楽しく華やかな雰囲気に。美しく優雅なことはもちろん、やはり群舞の迫力には圧倒されます。また、まだ幼い子供たちのパフォーマンスでは、「可愛い!」という声が次々にあがり、会場は一気に和やかムードに包まれました。

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

クム・フラ同士の競演や著名ミュージシャンによる演奏など、夢の豪華競演は本当に素晴らしく、誰もが釘付けになりました。

キア・オハナ(家族)

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

クム・ブレインの奥さま・オレオナニさんは優美なフラを披露してくださいました。うしろで演奏するクム・ブレインに、フラを見つめる子どもたちの姿は、本当に素敵なご家族なんだなぁと温かい気持ちになります。

フィナーレ

フラのホイケ(発表会)は感動がいっぱい!

「ALOHA is the way of life.」という言葉をハワイではよく耳にします。ALOHA は、ただの言葉ではなく、わたしたちの生き方そのもの、生きる道しるべということでしょう。この日のために、たくさん努力を重ねてきた生徒のみなさんや準備をされてきたクムのこのホイケは、まさにALOHAに溢れ、「思いやり・協調性・喜び・謙虚で素直な心・忍耐」を感じることのできる素敵な、そして感動がいっぱいの舞台でした。