en-US

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

2017年4月25日   Number of views (5317)  徹底取材シリーズサーフショップ

Aloha! Yumikoです。ハワイでサーフボードをお探しの方必見!以前ご紹介したワイキキ周辺のサーフショップ徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part1)-の第二弾、「徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-」と題しまして、今回はカパフル&ユニバーシティー方面をご紹介します!

RV'S オーシャンスポーツ(RV's Ocean Sports)

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

まずは、ワイキキからも徒歩圏内のカパフル通りにある3軒をご紹介します。1軒目は、カパフル通りから1本奥にはいったキャンベル通りにある、RV'S オーシャンスポーツ。

こちらのお店のオーナーのロイさん(写真:右)は、海でも道端でも、もちろんお店でも、いつも周りにアロハを振りまいて、幸せな気分にしてくれるナイスなビーチボーイです。

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

RV'S オーシャンスポーツでは、サーフィン・レッスンやサーフガイド、中古のサーフボードも取り扱っているので、掘り出し物をお探しの方は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ハワイのサーフスポットは、ほとんどがリーフブレイク。ボードのリペアも、こちらのお店で行っています。私も、自分ではリペアできない傷は、こちらでなおしてもらってます。

RV's Ocean Sports
住所:3348 Campbell Ave, Honolulu, HI 96815
電話:(808) 732-7137
営業時間:11時00分~17時30分
WEBサイト:http://www.rvsocean.com/

ダイヤモンドヘッド・サーフボード・ハワイ(Diamond Head Surfboards Hawaii)

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

2軒目は、ダイヤモンドヘッドサーフボード。こちらは、カパフル通りに面したお店。たまたま取材に行った日は、オーナーさんが変ったとのことで、そのお披露目パーティー。

10ドル分なにか買うと参加できる”Raffle”という抽選会にて、なんとスケートボートとキャップが当たりました!!ラッキー。

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

お店には、ショートボートはTokoroやBriceなど、ロングボードも勿論おいてあります。また、中古品もショートボート中心に取り扱いがありますよ。その他には、スケートボードやボディーボード、ローカルブランドのTシャツやオリジナルグッズなどがあります。

またなんといっても、このお店の特徴は、ライダーがいるということ。ショートボートでは、最近Yukkoさんのコーチングでめきめき実力をつけているロコガールのココ・ハキカワちゃんなど、ローカルサーファーをサポートしています。

Diamond Head Surfboards Hawaii
住所:525 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96815
電話:(808) 691-9599
営業時間:10時00分~18時00分
WEBサイト:https://www.diamondheadsurfboards.com/

インター・アイランド・サーフショップ(INTER-ISLAND SURF SHOP)

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

3軒目は、赤いお店の外観と、レトロなロゴがお洒落な、インター・アイランド・サーフショップ(INTER-ISLAND SURF SHOP)。こちらのお店は、ロングボードを中心に、ハンドシェイプのサーフボードを扱っています。ローカルシェイパーだけでなく、フランス人シェイパーがハワイに来る時に削っていく、とてもきれいな日本人好みのボードなどもあります。

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

また、サーフボード以外に、私のおすすめは「バードウェル(Birdwell)」。レトロなデザインが人気の、このサーフショーツは、メンズだけでなく、レディースの取り扱いもあります。

海グッズをいれるウォータープルーフのギアバックや、ナイロンのトートバックもおすすめ!レトロなサーフスタイルが好きなサーファーには、是非、訪れていただきたいお店です。

INTER-ISLAND SURF SHOP
住所:451 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96815
電話:(808) 732-8882
営業時間:12時00分~18時00分
WEBサイト:https://www.inter-island.com/

アロハボードショップ(Aloha Boardshop)

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

マーメイドのロゴがとっても可愛い、アロハボードショップ(Aloha Boardshop)。以前は、ユニバーシティー通りとサウスキング通りの交差点にお店を構えていましたが、1ブロック先に移転しました。

オーナーのカリームさんは、日本語も少し喋れて、とっても親切。サーフボードの他にも、ボディーボーダー向けのフィンやスケートボードのウィールやサーフスケートボードなどもあります。

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

お店には、MitsuやPinder、Ben Aipa、Tokoro等々、ローカルシェイパーのショートボートを中心に、ロングボード中古と新品の取り扱いがあります。特に、中古ボードの数はかなり多め。100本以上はあるのではないでしょうか。

また、1970年代のライトニングボルトやベンアイパなど、レアなビンテージサーフボードもおいてあります!

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

さらに、お店のロゴのトートバックやキャップなどのオリジナルグッズが、お土産にぴったり。サーフィン好きの女子には、喜ばれるお土産なのではないでしょうか。

Aloha Boardshop
住所:2658 South King Street, Honolulu, HI 96826
電話:(808) 955-6030
営業時間: 月-土10時00分~18時00分 / 日11時00分~17時00分
WEBサイト:http://www.alohaboardshop.com/

サーフガレージ(Surf Garage)

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

最後にご紹介するのは、サーフガレージ。こちらのお店は、ドナルド・タカヤマやクリス・クリステンソン、トゥークロウズなどロングボーダー向けや、ツインフィンなどスタイリッシュなサーフボードを多く取り扱っているお店。

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

中古のボードもペラペラのショートボードはあまりなく(在庫状況はお店にお問い合わせください)、浮力のあるツインフィンやファンボード、ロングボードなどが多くあります。写真中央のファイヤーワイヤーは、長さは短いのですがスタンドアップパドル?くらいの分厚さでかなり浮力がありそうなボードでした。

徹底取材シリーズ -サーフ・ショップ(Part2)-

最近サーフィンを始めたMasaが、マイボードが欲しいということで、上記でご紹介したダイヤモンドヘッドサーフ、アロハサーフボードをまわり、最後に行ったサーフガレージで、マーブルが綺麗なファンボードを購入。

お洒落な新品の少しお値段の張るサーフボードだけでなく、中古のボードもロング・ショートなどの取り扱いがあります。

Surf Garage
住所:2716 South King Street Honolulu, HI 96826
電話:808-951-1173
営業時間:月-土10時00分~19時00分 / 日11時00分~17時00分
WEBサイト:http://www.surfgarage.com

2014年6月5日公開
2017年4月25日更新