マンゴー・デイズ 5k 2008
en-US

マンゴー・デイズ 5k 2008

2008年8月5日   Number of views (1939)  マンゴー・デイズアラモアナ公園

mangodays7月27日(日)にアラモアナビーチパークで「マンゴー・デイズ 5k」という大会が開催されたました。主催者の説明によると、この大会は18歳の時にリンパ腫で亡くなったランナー、パティ・スミスさんが書いた本「Mango Days」から出来た大会だそうです。なので、このレースから得た収益は全て白血病&リンパ腫協会へ寄付されます。 mangodays今回の主役は、以前にも何度か登場しているランナーズルートの加茂さんです。
学生時代はサッカー部に所属し、靴に興味を持つようになり、ハワイに渡米して現在に至ります。そんな加茂さん、マンゴー・デイズ 5kへの出場は初めてらしく、青いスポーツウェアを着用して、大会に臨みます。 mangodaysまずはストローラーを押すランナーが午前6時25分に出発。1人乗り、2人乗り、そして3人乗りのストローラーを押す人も見受けられます。 mangodaysそして6時30分に一般ランナーが、小型の大砲によるスタート合図でストローラー組を追いかけるように走り出していきます。大砲からでた煙を切ってスタート! mangodaysスタートと同時にキルトに身をつつんで、バグパイプを演奏してくれる人がいました。
バグパイプが奏でる和音が走るのには意外と合っていました。 mangodays第一集団です。やはり5kのレースということもあり、ガンガン攻めて行きます。コースは、マジックアイランドのアラワイ運河側からスタートし、時計回りに進み、アラモアナビーチパークを大きく時計回りに1周し、テニスコートのそばまでの5kmコースです。 mangodaysそして、加茂さんがやってきました。良い位置についています。
「加茂さん、ファイトー!」 mangodaysハワイとは、本当に虹がよくでる場所です。この季節、空を眺めていると高確率で虹を見ることができます。そして、運が良ければ二重の虹を見れることもあります。 mangodays子供達がマンゴー・デイズのTシャツを着て参加しています。
各大会のTシャツを記念に集めている加茂さんは、今回のTシャツのデザインを気に入っていました。 mangodaysストローラーに乗った子供達。本当の乗り物に乗った気分で喜んでいます。 mangodays加茂さんがやってきました! mangodaysこのレースは珍しいことに、アラモアナビーチパークの周りを回るだけでなく、中も走り回ります。 mangodays横からの写真。速いです。 mangodaysそしてゴール!
このレースのゴールは何の気ない道の真ん中に設置されていました。
なので、ゴールラインが最後の100mくらいまで来ないと見えなかったらしく、5kmよりもはるかに長く感じたという多くの声を聞きました。 mangodays5kmを走り終わった加茂さん。すっきり良い笑顔です。「暑~」 Mangodays一般参加の後にケイキレースがありました。
お姉さんの説明を聞いている子もいれば、ママのほうばかり見ている子も。。
6人の子供達でスタート。