【行き方】美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!
en-US

【行き方】美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

2015年12月30日   Number of views (42881)  ラニカイ・リッジ・トレイルラニカイラニカイ・ピルボックス

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

アロハ!Joです。美しいラニカイビーチがど~んっと見渡せる「ラニカイ・ピルボックス(カイヴァリッジ・トレイル)」へ行ってきました。 当日は絶好のトレイル日和。話には聞いていましたが、どこに入口があって、どんなところなのでしょうか?初級者向けと言われるけど本当に大丈夫でしょうか?そんな疑問やちょびっと不安を抱きつつレッツゴー!

行き方

1.レンタカー+徒歩
トレイル付近は公共のパーキングがなく、路上駐車は場所によっては違反をとられることもありますので、ツーリストの方はカイルア・ビーチ・パークの駐車場に車を停めて、トレイルの入口まで徒歩約30分ほど歩く事をおススメします。
2.ザ・バス+徒歩
ラニカイの住宅地までザ・バスで行き、徒歩で約10分。ザ・バスはアラモアナセンターから57番バス。カイルアで乗り換え、カイルアから70番バスに乗るとラニカイに行けます。
3.カイルアからレンタサイクル
カイルアで自転車を借りて、トレイルの入口まで約30~40分。

注意

1.トイレ
トイレはありませんので、カイルア・ビーチ・パークなどで済ませておきましょう。
2.お店・水飲み場
途中にお店や水飲み場はありませんので、水ボトルを多めに持っていきましょう。
3.服装
慣れている方はビーチサンダルの方もいますが、膝をつくことや足場の悪い場所もありますので、スニーカーなどをおすすめします。
4.日焼け対策
初めの坂を登った後は日陰がありません。日焼け対策は万全に。
5.天気
トレイルコースは全く舗装されていないため、雨が続くと泥まみれになり足元が滑って非常に危険です。天気も要チェックですね。

カイルア・ビーチ・パークからの行き方

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

私が選んだのはレンタカー。ラニカイ地区は駐車場が無いため、車を停めることができる一番近い場所「カイルア・ビーチ・パーク」の駐車場に車を停めてひたすら歩きます。カイルアの海を見下ろすポイントで、「Lanikai」と書かれた灯台のようなモニュメントがあります。そこを過ぎると道がわかりやすく二又に分かれるので、右に進みましょう。左に進むとラニカイビーチに行けます。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

写真ではわかりませんが、地味に坂道が続きます・・この辺から目指すピルボックスが見えます。「うわぁ~あんなところまで行くの?というかまだ入口にも着いてないよ!」颯爽と走るセグウェイを横目にはぁはぁぜぃぜぃ無言で歩きました。命の水がここで無くなりそう。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

二又を右に進んだ後、一番初めの十字路を右に曲がると、世界のセレブが名を連ねる会員制高級ゴルフ場でオバマ大統領もプレーしたこともある「ミッドパシフィック・カントリー・クラブ」が広がります。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

自転車の方はゴルフ場の前に駐輪スペースがありますよ。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

さあ、ゴルフ場の入口を越えた先のT字路を左に行くと、あ!ありましたよ!「PillboxTrail」という看板が!

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

私、トレイル道へは舗装された道路を行ってから立派な入口があるのだと思って何も考えず道なりに進みかけました。「そっちじゃなくてこっちだよ。」と言われまして、「え?右は行き止まりじゃないの?」と思ったら看板にしっかり書いてありました。看板の右横のフェンス沿いに狭い入口があります。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

ちょっと!写真のつなぎがおかしいと感じるくらい、いきなり見事な急坂です。ロープがあるという情報が多いですが、なぜかロープは見当たりませんでした。滑りやすいので気をつけてください。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

後々にわかったことですが、このラニカイ・ピルボックスへのトレイル道。普段は岩山を上っていく感じで、道も広く開放的だということです。しかし、今年は夏から雨が多くて草木が身長と同じくらい茂り、道が塞がれ、1人歩く分のスペースしかありませんでした。途中草をかき分けてくぐるところもありました。でも、その雨のおかげでこれから先はあたり一面緑が美しい景色に変わります。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

10分ほど歩くと視界が開けてきました!が、遠くに見えるピルボックスにちょっとためらいます。しかし吹き抜ける風が気持ち良くて、次第に大変さが楽しさに変わっていく自分に気づきます。それもそのはず、この時点で360度絶景が広がっています。景色に気をとられて崖側に足を踏み外しそう。傾斜が緩やかになったり急になったりと、なかなかハードなトレイルコース。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

時には手を使ってよじ登る場面もあります。ここまでくると疲れよりも冒険心いっぱい!この時は進んでいくと所々道が2本ずつ分かれていました。「お、こっちの方が楽そう!こっちはチャレンジコースだね!」などと言いながら進んでいましたが、実は普段は広めの一本道らしいのです。草木が生い茂ってルートが分かれているようで、ちょっと得した気分。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

さぁ、ここから言葉はいりません。どうぞ景色をお楽しみください。まずは深い緑と壮大な山々。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

こちらはカイルア・カネオヘ方面。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

そして、ついに到着!ピルボックスとは別称トーチカ、戦争中に使われた見張り台です。私はここによじ登って景色を楽しみましたが、ピルボックスは老朽化により崩れる可能性があるとのことですので、訪れる際はそのことも頭の片隅に置いておいてください。

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

さぁ、あたためておいた正面の景色どーん。透き通るような海と広い空!

美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう! よくある写真でポーズ。 美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう! マカプウ方面も見えますよ! 美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう! 実はこの先にもピルボックスがあります。十数分で行けるようなので、まだまだ行けるよ!という方はぜひチャレンジしてみてくださいね。さぁ、帰りはもっと大変です。舗装されていない道なので砂利や石ころで滑りやすい。横向きになったり、手をついたりして慎重に下山しましょう。 美しい海と山に囲まれたラニカイ・ピルボックスに行こう!

入口から往復で1時間半くらいで無事に帰ってきました!いかがでしたか?私はトレッキングの後、ラニカイビーチでひと泳ぎしてのんびり体をクールダウン。ラニカイ・ピルボックスはとってもおススメなトレッキングコースですよ!

2011年01月21日公開
2015年12月31日更新