第35回プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」
en-US

第35回プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」

2012年7月24日   Number of views (3332)  プリンス・ロット・フラ・フェスティバルモアナルア・ガーデン

 

プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」
今年で35回目を迎える”Prince Lot Hula Festival”(プリンス・ロット・フラ・フェスティバル)に私、Mikiが行って参りました。

会場は昨年と同様、日立のコマーシャル「この木何の木、気になる木…」で有名なMoanalua garden  (モアナルア・ガーデン)。
プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」
ハワイでは最大のノン・コンペティティヴ・フラ・イベント(各ハラウがフラの踊りを競い合うのではなく、フラを披露する為のイベント)。カヒコと呼ばれる古典フラとチャント、アウアナと呼ばれるモダンフラのフェスティバル。

他のフラ・フェスティバルと異なり、現在ハワイではわずかしか残されていない「パフラ」と呼ばれる舞台の上で各ハラウがフラを披露します。
プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」
プログラム一番手に舞台に登場したのは、Na Kumu Hula, Vicky Holt Takamine and Jeffrey                Kanekaiwilani       Takamine  
(クム・フラ・ビッキー・ホルト・タカミネとジェフェリー・カネカイヴィラニ・タカミネ)のハラウ。

こちらのハラウもプリンス・ロット同様、今年で35年目を向かえるそうです。周りの緑に映える全身ターコイズ・ブルーの衣装に身を包み、海を思わせるような美しい踊りを披露してくれました。
プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」
淡いブルーとピンクの色違いの衣装で登場したのは、Kumu Hula Mapuana de silva( クム・フラ・マプアナ・デ・シルバ)のハラウ"Mohala Ilima"(モハライリマ)。 ダンスとダンス間にクム・フラマプアナによる彼女のフラの歴史が語られました。

ダンサー達は常に笑顔を絶やす事無く華麗なダンスを披露してくれました。
プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」
躍動感あふれるカヒコを披露してくれた Kumu Hula Uluwehi Guerrero (クム・フラ・ウルヴェヒ・グエレロ)のハラウは、ワヒネのベージュのトップに生のティーリーフ・スカート、カネの衣装が印象的でした。
プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」
プリンス・ロット・フラ・フェスティバルで最も観客の喝采を浴びていたのがケイキ・フラ

イエローのトップに生のティーリーフのスカート、プルメリアのレイを身に着けて踊ってくれた彼女達は kumu Hula Michael Pili Pang(クム・フラ・マイケル・ピリ・パング)のハラウのハウマナ(生徒)。

彼女達のダンスに会場にいる観客も自然と顔がほころんでました。
プリンス・ロット・フラ・フェスティバル「ラウカナカ・カ・フラ」
プリンスロット・フラ・フェスティバルの魅力はダンスの質を競うのでなく、各ハラウの伝統をフラを通して観客に知ってもらう素晴らしいイベントだと感じました。

私自身フラの知識はありませんが、モアナルア・ガーデンの自然の中で こんなに素晴らしいフラのダンスを見れて正直感動しました。