ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~
en-US

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

2018年3月1日   Number of views (1678)  クラブ・ウィンダム

Aloha! A-1です。みなさん、タイムシェアのリゾートに宿泊したことはありますか?

JALホノルルマラソンやホノルルセンチュリーライド、またホノルルトライアスロンなどスポーツを仲間と楽しみに参加するためにハワイに来られる方も多いと思います。

毎回ホテルを取るのもいけれど、リビングやキッチン、洗濯機のあるお部屋でのんびり過ごしたい・・・。

自転車を組み立てたり、毎日ジョギングもしくは泳いだウェアをささっと洗って乾かしたい、みんなでヘルシーな食事を作って楽しく食べたい、そんな気持ちになった事はありませんか?

そこで、計画的にハワイに来る方向けにA-1がおすすめする滞在方法タイムシェア「クラブ・ウィンダム」についてシリーズでお届けします。

今回は、ワイキキのど真ん中にある「ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク」を徹底リポートします!

クラブ・ウィンダムについて

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

まずは、「クラブ・ウィンダム」について。最近、日本でもお馴染みになってきたタイムシェア。

それをハワイはもとより世界中で展開しているのが「ウィンダム・バケーション・オーナーシップ」です。

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

日本人にはヒルトンやマリオットのタイムシェアが有名ですが、所有するリゾート数、ユニット数、オーナー数のいずれも一番多いのがウィンダムで、世界最大のタイムシェア企業なんです。

オアフ島はもちろん、ビッグアイランド、カウアイ島、マウイ島などハワイ州だけでも20のリゾートがあります。

さらにアメリカ本土やカリブ諸島などに100以上のリゾートがります。

ポイント1:自転車など大型荷物の持ち込み

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

それでは早速、「ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク」の部屋をのぞいてみましょう!

自転車やサーフボードなどの大きい荷物は部屋の大きさにもよりますが、持ち込むことが可能です。
※大型のものはリゾートのスタッフに確認ください。

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

このように自転車も余裕で置けて、日本から持ってきて、組み立て作業。

持ってきたボックスやケースも余裕で置くことができるスペースがあります。もちろん帰るときのパッキングもらくらく!

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

部屋のタイプにもよりますが、今回見学した2ベットルームのラナイ(ベランダ)が広い!長い!!

隣の部屋まで続いているのかと思ってしまいました。自転車を何台も外においても余裕の広さ!

ポイント2:ロケーション

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

「ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク」は、多くのショップが立ち並ぶカラカウア通り(カラカウア・アベニュー)もすぐ近く、とても便利です。

近くのABCストアは、お惣菜も充実していますし、周辺にはレストランも沢山あります。

また、海も歩いて3分ほど、散歩や海水浴をしてのんびりするのにぴったりの場所にあります。

ポイント3:ゆったりとしたリビング&ダイニング

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

2ベットルームには、リビングに加えダイニングもあります。この広さ!ホテルに比べてゆったりと広がる空間は家よりもくつろげるかも(笑)。

また、2ベットルームは部屋と部屋の間にリビングルームがあるので、友達家族などでも気兼ねなく滞在できます。

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

こちらはワンベットルームのリビング。ソファーベットは、簡易型とはいえ、しっかりしているので家族4人でもお子様が小さければ十分なスペース。

もちろん、リビング、部屋ともにテレビも付いています。

ポイント4:外国人向けのベットルーム

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

上記でも述べましたが、ウィンダムは外国人のオーナーが多いので、部屋の造りは広め。

各部屋には、テレビとトイレ・シャワー(バスタブ)が付いています。ベットも大きく、体格の良い方でもゆったりと使えます。

ポイント5:キッチン

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

毎回、外食するのは面倒ですし、お金もかかる。

ワイキキで人気の朝ごはんスポットに行くと、チップを入れると1人15-20ドルほどかかるのもざら。キッチンがあるととても便利です!

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

キッチンには、オーブン、電子レンジ、冷蔵庫、コーヒーメーカー、ジューサー、炊飯器、湯沸かし器、トースター、鍋、包丁、まな板、お皿やフォークなど一通りのものは揃っています。なんと、食洗器までついています。さすがアメリカ。

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

キッチンがあれば、調理はもちろん、フルーツを切ってスムージーを作ったり、朝ご飯を軽く作ったりできて便利ですよね。

ヘルシー志向の方、小さいお子様がいる方にはとても重宝します。

ポイント6:洗濯・乾燥機

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

スポーツをする人に嬉しいのが、洗濯機(乾燥機もついています)。

汗をかいた後のトレーニングウェア、海で濡れた水着など、部屋に洗濯機があれば、汚れものを放り込んで買い物やディナーにも行けてとても便利。

ポイント7:日本語デスク

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

「ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク」のロビーには、日本語デスクがあります。

ハワイで楽しみたいオプショナルツアーの相談や次のバケーションの予定など、分からない事があれば気軽に相談できて心強いですよね。

ポイント8:リゾート内の施設

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

リゾート内には、屋外プール(ジャグジー付き)、フィットネスセンター、ゲームルーム、レクリエーションセンター、ビジネスセンターなどの施設が充実しています。

おまけ:大人数でも余裕の4ベットルーム

ハワイのタイムシェア!A-1がクラブ・ウィンダムを徹底レポート~ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク編~

取材という事で、最大収容人数10人(10以上は泊まれる広さ!!)の4ベットルームも見学。メゾネットタイプで2階もあり、贅沢なレイアウト、子供がいたら鬼ごっこやかくれんぼをしたくなるような造り。

各部屋も離れていてプライバシーも保て広々としてます。

キッチンには製氷機つきの大きな冷蔵庫(普通のアメリカサイズでも倍はある)。チームやグループで宿泊するには、非常におすすめのお部屋です!!

一般のお客様でもエクストラホリディ(英語)から予約ができます。試しに泊まってみたいという方は、是非利用してみてください!