コオラウ・ゴルフ・クラブでハワイの大自然に向かって打て!
en-US

コオラウ・ゴルフ・クラブでハワイの大自然に向かって打て!

2013年9月25日   Number of views (5038)  ゴルフ送迎ツアーコオラウ・ゴルフ・クラブ

Aloha! Daisukeです。ゴルフを始めて早1年。マイペースに練習やラウンドを重ねていますが、なかなか上手くなりませんね~。やってみて初めて分かる、ゴルフの難しさと奥深さ。
そんな折、スポナビハワイのA-1より「ちょっとコオラウ周って紹介レポート書いてよ。」という指令が。
「ちょっ、コオラウって!?」
コオラウ・ゴルフ・クラブはオアフ島コオラウ山脈の麓にあるコースで、熱帯雨林に囲まれた丘陵地を巧みに活かした全米でも最高クラスの難度を誇り、プロでも難しいと言われるほどのレイアウトなのです。
初心者は決して近寄らないと聞くこのコースですが、Daisukeが無謀にもチャレンジして来ました。果たしてどうなってしまうのでしょうか!?

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

ワイキキからはH-1フリーウェイ経由でパリ・ハイウェイに乗ること30分、山深い丘陵地にコオラウ・ゴルフ・クラブは姿を現しました。軽く練習球を打とうとドライビング・レンジに出るとあいにくの雨模様。晴天なら遠くクアロア方面のチャイナマンズ・ハットまで見える絶景です!

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

このコースは左右に打ち込むと即OB、谷越えも多いのでとにかく第一打のドライバーが重要だと聞きこの日の球の出を入念にチェック。開き直りからくるリラックスで感触は悪くありませんでした。それではスタートです!全てのホールをご紹介したいのですが、特に印象的なホールをピックアップしてお届けします。

1番ホール : 534yard / PAR 5 / HC 8

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

「え~っと、グリーンは何処だ!?(苦笑)」
いきなり谷越えの左ドッグレッグ、PAR 5、砲台グリーンに、グリーン・サイド・バンカー(ガード・バンカー)が5つというオープニングにしては厳しすぎるホール。おまけにスタートに合わせるかのように雨がザーザー振りに。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

雨に急かされるように放った第一打は、フェアウェイ中央に左手から張り出している樹を越えて視界から消えました。コース中盤からは降りスロープなので、コースなりに転がっていると良いのですが。ボールが見当たらない!?このコースはフェアウェイを外すとラフが結構深く、ボールの落下地点が見えていてもロスト率はかなり高いです。「ホールの数だけボールを持って行け。」と言われるゆえんです。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

こんな感じのラフが次々とボールを飲み込みます。その後、5Iで打った球もラフに消え、何とこのホールだけで2つのロストボール!!!先が不安になります。

3番ホール HOLE : 390yard / PAR 4 / HC 4

正面のコオラウ山脈の眺めが凄いですね。相変わらずグリーンが見えない打ち下ろしの右ドッグレッグ。フェアウェイ奥まで270ヤード飛ばせばセカンドが非常に打ちやすくなりますが、とにかくラフに入れたくないので、方向性重視のスイングで残り225ヤード地点へ。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

セカンド地点からの眺め。まだまだ打ち下ろし、そしてグリーン右手に沿うようにして存在する巨大バンカー。狙い切れず見事にバンカーインしました。設計者の思う壺です。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

カートでの移動は完全にジャングルツアーです。

5th HOLE : 382yard / PAR 4 / HC 10

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

ようやく雨があがりました。さて、ここから一体どこにどう打てば良いのでしょう?(苦笑)
コースの真ん中を横切るように谷があります。コース右側から谷越えで攻めるには220ヤード先の狭いフェアウェイに落とす必要があります。かなりのギャンブルになるので大体コース左側から安全に攻めるようです。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

狙い通り谷手前までボールを運びました。攻め方がいろいろあるホールは楽しいですね。しかしセカンドのFWをまさかのダフリでボールは谷底へ…。集中力集中力!

7番ホール HOLE : 543yard / PAR 5 / HC 14

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

「まーたこんなのかよっ!」の谷越え左ドッグレッグ。休む暇もありません。とは言え谷越えは170ヤードなので普通に打てば問題ないのです。でも視覚的プレッシャーで疲れます。

8番ホール HOLE : 168yard / PAR 3 / HC 16

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

やや打ち下ろし、やっぱり見えないグリーン、グリーンサイドにグリーンの倍はあろうかというバンカー、そしてその隣は崖。PAR 3でも手ヌルくありません。7Iで放ったティーショットはややバランスを崩し、バンカーへ一直線。この日本当によくバンカーにつかまりました。ですが割と上手にリカバリー出来たので大事故にはならず、このホールもボギーで切り抜けました。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

前半9ホールを終え、ようやくクラブハウスに戻って来ました。コース内へのカート乗り入れが出来なかったので、けっこうグッタリです。(軟弱)

10番ホール HOLE : 376yard / PAR 4 / HC 5

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

さぁ後半戦です!左ドッグレッグ、フェアウェイは狭く降りスロープ、グリーン手前に谷があります。
谷手前までは265ヤードですが、上手に転がせば届く距離。気分を変えてドライバーを振り抜くと、ボールは真っ直ぐスロープの向こうへ消えて行きました。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

ボールは谷の手前で止まる好ポジション!谷越えのセカンドも狙い通り打ててこの日初めてのパーオンです。手堅く2パットで決めて初パーセーブ。続く11番(PAR 5)もパーゲットでようやく乗って来たかな?(遅)
とまぁこんな感じで難コースに翻弄されながらホールは進み、いよいよ最終18番ホールを迎えました。

18番ホール HOLE : 432yard / PAR 4 / HC 1

最終ホールはこのコースの名物ホール。432ヤードもあるのにPAR 4、そして2回の谷越えがある超難関ホールです。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

目の前に広がる谷。最も近い正面のバンカーを越えるまでは193ヤード。ドライバーで充分届く距離ですが、セカンドの事を考えるとなるべくコース右奥を狙いたいところ。谷越えの視覚的プレッシャーを受けながら放った一打は…、無残にもスライスして右手のジャングルに消えて行きました…。(狙い過ぎ)

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

一つ目のフェアウェイはコース左奥方向に真っ直ぐ伸びていて、右手にはコースに沿うようにバンカーが9つ配置されています(鬼)セカンドショットは同じフェアウェイの残り150ヤードの杭を狙うか、2つ目の谷を越えて直接グリーンを狙うかになります。

ただしフェアウェイ中央250ヤード地点からグリーンまでは250ヤードもあるのでかなりのギャンブルです。おまけにフェアウェイは左サイドが高くなっているので、左足下がりの難しい傾斜から打つことになります。

ドロップゾーンはフェアウェイの最も手前側にあります。150ヤード杭を狙って放った3打目は…、

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

少しオーバーして残り140ヤード地点へ。フェアウェイの奥に行き過ぎると、谷奥にそびえたつ大きな樹が邪魔でグリーンを狙えなくなります。さぁ、2つ目の谷越えです。2つ目のフェアウェイもグリーンを取り囲むようにバンカーだらけです。4打目は狙いより少し右に飛び出し惜しくもグリーン脇のバンカーへ。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

5打目のバンカーショット。OUTでは濡れて硬かったバンカーもすっかり乾きました。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

最後は30cmのパットを沈めてホールアウト。グリーンは各ホールうねったり段差があったりして簡単ではないのですが、寄せてからのパットが多かったので3パットはありませんでした。

ハワイの大自然に向かって打て!コオラウ・ゴルフ・クラブ

と言う訳でおつかれ様でした。いやー、なんかこんなに大変なラウンドは初めてでした。聞けば以前はフェアウェイ上にクロスバンカーが数多く設置され、当時は全米で最も難しいコースと言われていたそうです。

コオリナやカポレイなどの綺麗でリゾート感満載のコースも良いですが、こちらのコオラウもハワイのダイナミックな大自然を堪能出来るエキサイティングでチャレンジングなコースです。是非挑戦してみてください!