en-US

2017おススメサイクリング・イベント特集!!

2017年1月26日   Number of views (596) 

Aloha! スポナビ編集部です。新春到来ということで、ハワイのアスリートたちも活動開始しております。いろいろなトレーニングクラブがありますが、年明けはサイクリングの練習から始めるクラブが多く、あちこちでサイクリストたちを見かけます。というわけで、今年ハワイで開催されるおススメのサイクリングイベントをご紹介しましょう。

グレイトアース・カウアイ島ライド

2017おすすめサイクリング・イベント特集!!

今年最初のサイクリングイベントは、2月16日からのツアーとして開催される「グレイトアース・カウアイ島ライド2017」。一昨年よりハワイ島で開催したライドのカウアイ島版で、2日間でカウアイ島の南周り、北周りでほぼ島を一周する特注のサイクリングイベントです。現在約15名のサイクリストが日本から参加予定です。イベント終了後には、レポートしますので、楽しみにしていてください。
ハワイ島ライドのレポート

開催日:2017年2月16日~3泊5日or4泊6日
開催地:カウアイ島

ハレイワ・メトリック・センチュリーライド

2017おすすめサイクリング・イベント特集!!

続いて4月30日に開催される「ハレイワ・メトリック・センチュリーライド2017」は、オアフ島ノースショアを舞台に楽しむファンライドです。メトリックとはメートル法のことで、距離は25キロ、50キロ、100キロのコースから自分に合った距離を選ぶことができます。タイムを競い合わないファンライドなので、子どもから大人まで、また初心者から経験者まで誰でも気軽に参加できるのが最大の特徴です。ノースショアののどかな景色は、サイクリストを癒してくれますよ。
昨年の模様

開催日:2017年4月30日(日)
開催地:オアフ島/ノースショア

ホノルルセンチュリーライド

2017おすすめサイクリング・イベント特集!!

そして、皆さんご存知ハワイ最大のサイクリングイベントである「ホノルルセンチュリーライド2017」は、9月24日に開催されます。ワイキキにあるカピオラニ公園からオアフ島の東海岸まで、最大で往復100マイル(約160キロ)のコースを楽しめます。昨年は参加者約1,800名のうち日本からの参加者が約700名。20マイル(32キロ)、25マイル(40キロ)、50マイル(80キロ)、75マイル(120キロ)、100マイルの中から距離を選ぶことができるので、ご自分のペースで好きな距離を走ることができます。
昨年の模様

開催日:2017年9月24日(日)
開催地:オアフ島/ホノルル

ツールド・オアフ

2017おすすめサイクリング・イベント特集!!

毎年スポナビハワイで実施している「ツールド・オアフ2017~ノースショアライド」を今年もやります!せっかくハワイに自転車をもってきたならば、1日しか乗れないなんてもったいない。そんなわけで、2日目に、そのスワンジー・ビーチからノースショアを走り、ハレイワまでいくファンライドを毎年企画しています。参加者の皆さんがご希望に合わせて選べるように、飛ばして長距離を更に走りたいサイクリストや、のんびりゆっくりママチャリ的にサイクリングを楽しみたい方向けなど、いくつかのオプションを考えていますので、3月にはその詳細を発表いたします。
昨年の模様

開催日:2017年9月25日(月)
開催地:オアフ島/ノースショア

H3トライアスロン

2017おすすめサイクリング・イベント特集!!

スポナビハワイ代表A-1が超おススメするこのイベント。「H3トライアスロン」の中で開催されるファンライド。おススメの理由は、普段走ることができないH-3というオアフ島のパールハーバーからカネオヘまで横断している高速道路を走れるからです。距離はほんの40キロなのですが、コオラウ山脈の上りもあるのでそれなりに走りがいがあるコースです。軍や政府、警察の協力がなければ絶対に走ることができないコースなだけに、たくさんのにわかサイクリストが昨年参加しました。去年は1回目で2度と開催されないかもという状況でしたが、今年はうまく開催できそうなので、是非参加してみてください。
昨年の模様

開催日:2017年10月21日(土)
開催地:オアフ島/アラモアナ~カネオヘ

ハワイのサイクリングイベントは他にもありますが、上級者向けだったり、オーガナイズがまだまだされていないローカル向けのものが多いので、慣れていないと困ることもあるかもしれません。上記4つのイベントなら、スポナビハワイも日本語でサポートしますし、海外から参加するサイクリストにもとてもフレンドリー。また、JALを選べば自転車無料運搬サービスも受けられます。機会があれば、ぜひ参加してみてください。

それでは、今年もHappy Cycling!!