ホノルル・トライアスロンの次はティンマン・トライアスロン2016が盛り上がる!
en-US

ホノルル・トライアスロンの次はティンマン・トライアスロン2016が盛り上がる!

2016年5月5日   Number of views (2713)  ティンマン・トライアスロン

アロハ! A-1です。ゴールデンウイークも終盤を迎え、来週5月15日は第13回目を迎えるホノルル・トライアスロン2016が開催されます。今年も1700名を越えるエントリーのうち、日本から約750名のトライアスリートが参加します。トライアスロン初デビューや企業対抗リレーで初挑戦する方も多いようですね。

ハワイではこれからハワイ島で6月4日に開催されるハーフアイアンマン"ホヌ"など10月までトライアスロンシーズンが続きますが、今回のホノルル・トライアスロンを逃してしまった方やこれから初挑戦してみたいという方におすすめのレースが、7月24日に開催されるティンマン・トライアスロンです。

ホノルルトライアスロン2016の次はティンマントライアスロン2016が盛り上がる!

ティンマン・トライアスロンは、ハワイ島コナで行われるトライアスロンの代名詞ともいえる「アイアンマン・トライアスロン」にヒントを得て企画されたトライアスロンで、“鉄人(アイアン)じゃなくても、ちょっと軟らかいブリキ(ティン)”のように、より多くの人がトライアスロン競技を楽しめるように各種目の距離を短く設定されたハワイで一番気軽に参加できるトライアスロン・イベントです。

ホノルルトライアスロン2016の次はティンマントライアスロン2016が盛り上がる!

スポナビハワイでもレンタルバイクや当日のチェックインヘルプ、荷物お預かりなどスポナビアシストとして毎年サポートしているレースですが、歴史が長い割りに日本では知名度がまだまだなので、今回ご紹介します!

宿泊に便利なワイキキでの開催

ホノルルトライアスロン2016の次はティンマントライアスロン2016が盛り上がる!

この大会の最大の特徴は開催場所。ワイキキから徒歩圏内ダイヤモンドヘッドの麓のカピオラニ公園がスタート&フィニッシュ地点という事。トランジションエリアも同公園内に設けられるので、ワイキキに宿泊する海外からハワイに訪れるアスリートにとってはとても便利ですね。

スイムが苦手な方に嬉しい変則ディスタンス

ホノルルトライアスロン2016の次はティンマントライアスロン2016が盛り上がる!

そして3種目の距離ですが、変則オリンピックディスタンスでスイムが750mと短いこと。スイムが苦手な初心者も750mなら、またバイク40km、ラン10kmはなんとかこなせるのではないでしょうか?

ホノルルマラソンに近いコースをバイクで走り抜ける!

ホノルルトライアスロン2016の次はティンマントライアスロン2016が盛り上がる!

次の種目バイクコース。カピオラニ公園を出てダイヤモンドヘッドの麓を走り、ハワイカイまでホノルルマラソンのコースに近いハワイらしい風景を楽しめます。また、カラニアナオレという直線コースは地元サイクリストの練習コースで、平坦な直線を気持ちよく走ることができます。もちろん折り返し前には、心臓破りと呼ばれるハートブレイクヒルはあり、直線と坂道の両方を楽しめます。

沿道のアロハな応援が嬉しいラン

ホノルルトライアスロン2016の次はティンマントライアスロン2016が盛り上がる!

最後のランは、ダイヤモンドヘッド外回りの10km。モンサラット通りの上り坂が少々厳しいですが、たくさんのボランティアの応援を受けてカピオラニ公園へ戻ってきます。

参加する方も、応援する方も気軽に参加できる!

ホノルルトライアスロン2016の次はティンマントライアスロン2016が盛り上がる!

フィニッシュがワイキキのカピオラニ公園というこのティンマン・トライアスロン!!ワイキキで開催される唯一のトライアスロンは、夏休みの家族旅行で参加するお父さん、ご家族にも便利ですよ!参加する方も、応援する方も気軽に参加できるトライアスロン・イベントです!!トライアスロンに初挑戦という方には、とっても良いイベントです。是非、興味のある方は参加してみてくださいね。