走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」
en-US

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

2016年3月16日   Number of views (5499)  アロハ女子ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)初心者家族

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

Aloha! スポナビ編集部です。今年もホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016が3月13日に開催されました。5人1組のチームで走るこのイベントは、「走るだけじゃない」がテーマのイベントだけあって、チームメイトとレースを共有して盛り上がれること、スタート&フィニッシュ地点となるカピオラニ公園ではワイキキッチンも開催されており、ランナー以外の人でも楽しめるのが特徴です。

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

イベント当日朝7時のチェックイン開始とともに、過去最高のエントリー総勢132チーム、約700名の参加者が続々とカピオラニ公園へと集まりました。8時オープニングセレモニーが始まり、ハワイでも人気のズンバでウォーミングアップ!初めは恥ずかしくても、舞台で踊るノリノリのインストラクターにつられて、後半はこんな感じに。

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

そして、9時いよいよスタート!このホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)は、1区間5キロを5人、もしくは1人何回か走るリレーレースです。コースはカピオラニ公園からダイヤモンドヘッドを海沿いに走り、折り返してくる眺めの良いコース。当日は東風が強く、初めの上り坂が向かい風となり結構きつかったとのこですが、みなさん笑顔で楽しんでいました。

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

コースの沿道にはボランティアの応援や、今年はJALの現役客室乗務員のチアダンスチーム「JAL JETS」がランナー達に素敵な笑顔と声援を送っていました。

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

またなんといっても今年の目玉は、まだ記憶に新しい2016年箱根駅伝で優勝した青山学院大学のランナーを含む大学駅伝オールスターがホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)に参加。ローカルのチーム、他の参加者もその俊足ぶりにビックリすると共に自然と彼らのファンに!会場中が彼らの走りに大注目でした。

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

オールスターチームだけあって、目茶苦茶速かったです。結果は、大会新記録で優勝。5人の平均タイムは16:48。2位とは平均タイムで2分以上差をつけてぶっちぎりでした。優勝賞品は、優勝盾、マウイマラソン無料エントリー券、ハイアットリージェンシー・マウイ・リゾート&スパの宿泊券2泊分、ファイテン、スポーツグッズ。

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)は、タイムだけではなく色々な賞があり、会場を盛り上げたチームに贈られるエキサイティング・チーム賞や、家族の絆で魅せてくれたチームに贈られるオハナ・スピリット賞などなど。今回はホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016オフィシャルサポーターにデビュー20周年を迎える2人組アーティストPUFFYが就任し、奇抜なファッションで会場を盛り上げた彼らにPUFFY賞を贈呈。カピオラニ公園の端っこで、スタート前に着替えとメイクアップしてました、努力賞もあげたいですね(笑)。

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

またカピオラニ公園では、ハワイで話題となっているフードワゴンやプレートランチなどハワイ中のグルメが楽しめるワイキキッチンも開催されていて、オーガニック素材をつかったシェイブアイスが人気の”ハアハア(Ha'a Ha'a)”やグルテンを使わないヘルシーなクレープ”デリス・クレープ(Delice Crepes)”等々が出店していました。走り終わってからも、カピオラニ公園では、チームメイトを応援しながらのんびりと過ごすランナーの方達がたくさんいました。

走るだけじゃない!みんなが笑顔になれる「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2016」

他にも、フィットネスチェックブースでは、学生時代にやった懐かしい幅跳びや立位体前屈、反復横飛びで体力測定をするというもの。何気に難しかしかったり、良いスコアーがでたりと、チームの仲間や家族などで盛り上がっていました。この幅跳びにスポナビハワイ代表A-1も挑戦。最高記録はでませんでしたが、ついつい本気になってしまうこの体力測定は、子供も大人も楽しんでいました。

まさに走るだけじゃないホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)、来年も開催する予定となっておりますので是非ご参加ください!日程は決まり次第、公式ウェブサイトにアップされます。