ハワイの名門ローカル・クラブチーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!
en-US

ハワイの名門ローカル・クラブチーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

2013年9月18日   Number of views (3334) 

Aloha!Shokoです。
今回はレイバー・デー(勤労感謝の日)ウィークエンドに行われましたバスケットボールキャンプにShokoが潜入取材してきましたのでお伝えします!スポナビでは最近、水泳イメージの強い私ですが、実は子供の頃から12年間バスケット少女!少年!?高校時代には1年365日中、350日はバスケットに明け暮れる日々を送っていました。というわけでバスケット経験の長い私が今回のレポート担当となったわけです!

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

ホノルルより車で30分、「このー木なんの木、気になる木!」のあるモアナルアガーデンの近くにあります、モアナルアハイスクールで今回のバスケットボールキャンプが行われました。土曜日の朝早くから総勢70名近くの子供たちが集まり、連休中にもかかわらずみんな熱心にトレーニングに参加しました!

実はこのキャンプ6-10歳が午前8時~午前11時、10~17歳が正午~午後3時までと年齢別に2部制となっています。彼らが今回のキャンプのメインコーチ、右:名門カラカウア・クラブチーム・コーチのマイクさんと左:モアナルアハイスクールのバスケット部監督のバイロンさんです。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

まずはブリーフィングとコーチの紹介。トレーニングの始まる前にバイロンコーチが子供たちに伝えました。「今回はみんなの大事な時間を使ってこのキャンプに参加するんだからたくさんのことを習得して帰ってほしい!これは自分が主役の時間、自分の為の時間なのだからわからないことがあったらコーチ達に聞くんだよ。僕たちは君たちの為に全力でサポートするよ!」まだ小さな子供たちも「I Got it! わかりましたっ!」と大きな声で答えていました。みんな真剣そのもの! 

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

このキャンプではモアナルアハイスクールのバスケ部のみなさんが助っ人コーチとして、2人のコーチだけでは目の届かない細かいところまで指導をしてもらえます。彼らはみんな今回参加の子供たちと同じ年齢の頃からバスケットを続けている大先輩なのです。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

【1】1、 ハンドリングテクニック このようにサイドで子供たちのお父さんとお母さんが見守る中、まずはボールになれる為のウォームアップとして、ハンドリングテクニックの練習が始まりました。ボールが手についていないとバスケットをプレーすることはできませんからね!

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

【2】ドリブルワークテクニック そして、さらに体を温めていきます。自分の頭よりも大きいバスケットボールを子供たちは器用に操ります。このように7、8人ごとのグループに分かれコーチ達がそれぞれ付きますので、細かいテクニックまで指導してくれます。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

【3】ディフェンステクニック 「ゴキブリを踏みつぶすようにばったんっ!とストップするのではなく、大事なポイントは、膝をしっかり曲げ腰を落としやさしくストップするんだよ!」と指導します。怪我をしない為の重要な動きを小さな子供の頃から身に着けることはとても重要なことです。毎日のトレーニングでの体の使い方で無意識のうちに膝を痛める原因となる動きをしていることがよくあります。その1つがステップの踏み方。それをバイロンコーチが子供たちにわかりやすく説明してくれるのです。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

【4】ピボットテクニック オフェンスは、より素早いピボットの動きで体を使ってボールを守り、味方にパスを出すか。ディフェンスは、チャンス!とばかりにいかに相手にプレッシャーを与えボールを奪うか。1対1のピポットはそのお互いの練習になります。「オフェンス、ディフェンス共に大事なポイントはしっかりと膝を曲げ、腰を落とすことによって瞬時の動きに対応するこができるんだよ!」とコーチが子供たちに体を使って伝えます。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!! ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

【5】シュートモーションチェック そして本日のメイン! シュート練習!バスケットはどんなにドリブルやディフェンス練習をしてうまくなっても、ボールをゴールに入れなくては試合に勝つことはできません。ですからシュート練習は最も大切と言えます。このキャンプでも3時間の内の2時間をシュート練習に費やしていました。まずは、素振りのようにシュートモーションチェックから指導が行われます。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

【6】ジャンプシュート そしてゴール下からのジャンプシュート。もっとも基本となるシュートです。次に少し離れた位置からのジャンプシュート。というようにシュートをする位置の距離を徐々に伸ばしていきます。5グループに分かれ、各グループにコーチが2人ずつ付きますので、子供1人1人を細かくチェックして指導してもらえます。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

【7】ステップシュート 試合中チャンスがきたら必ず決めなくてはならない、とても重要なゴール下でのステップシュート。何百回、何万回と練習を繰り返しても、ポイントを押さえているかいないかでは百発百中の確立でシュートを決めることはできません。そんな大切なポイントをこのキャンプではコーチ達がこっそり教えてくれるのです。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

午前11時にキャンプ1日目のすべてのトレーニングが終了。初日の練習が終わる頃にはすでに子供たちに目に見える成長がありました。思わず、「すごいっ!」っと声が出てしまいそうなほど子供たちのドリブル力、シュート力共に上達していました。トレーニングの様子を一部始終見ていた親御さんたちも満足げな表情。

参加される子供たちのレベルによってトレーニングメニューは少し変わるようですが、1対1、2対2、3対3そして本格的なゲーム形式のトレーニングというように2日目、3日目のキャンプも続きます。

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

トレーニング終了後、みんなで記念撮影!バイロンコーチはやさしい笑顔で最後に言いました。「連休中で遊んでいる友達がたくさんいる中、みんなはよく頑張ったね! 頑張った分だけ必ずライバルよりも成長できるよ!明日、明後日もがんばろう!」と子供たちに熱いメッセージを伝えました。きっとここから未来のスーパースター達が育っていくはずっ!

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

最後にマイクコーチにインタビューさせていただきました。彼は6歳からバスケットを始め、バイロンコーチの教え子だったそうです。学生時代にはバイロンコーチの厳しい指導を受けていたのでしょう。普段は高校の数学の教師兼、バスケット部コーチ兼、カラカウア・バスケットボール・クラブチームのコーチとしてバスケット中心の生活を送られているそうです。

私生活では中学生の男の子と女の子の双子の父親でもあり、彼らにもバスケットを教えているそうです。本当にバスケットを愛しているのでしょう。インタビューを通してバスケットに対する彼の熱い情熱を感じました!

ハワイの名門ローカル・クラブ・チーム・コーチが教える3日間のバスケットボールキャンプに潜入取材!!

今回は潜入取材、そしてインタビューもさせていただきありがとうございました。子供たちのトレーニングの様子を見学させていただいて、子供の頃の自分を思い出しとっても懐かしい気持ちになりました。

私も子供ながらにミニバスケットボール(野球でいうリトルリーグのようなもの)からやっている同級生たちとは明らかにテクニックの差があることに気づいていました。経験者の立場から、やはりできるだけ早いうちから良いコーチの本格的な指導を受けることをおすすめします。

来年はいつもと違った環境、バスケットボール大国アメリカでローカルの子供たちと一緒に名門クラブチームのコーチから指導を受けてみてはいかがですか?3日間で目に見える成長があること間違いないですよ!