癒しを求めて~ハワイのヒーリングスポットを巡ろう!
en-US

癒しを求めて~ハワイのヒーリングスポットを巡ろう!

2011年2月24日   Number of views (7835)  オアフ島ヒーリング・スポット

アロハ!Mayumiです。

 

今、日本でもヒーリングスポットやパワースポットが流行っていますが、ここハワイはそんな大地からの力強いエネルギーを最も感じることの出来る島の一つ。
神々が宿る島ハワイには様々な神話や伝説が残されていてそこはヒーリング・スポットとして今も神を祭る神聖な場所と崇めらています。

 

そこで今回はハワイでパワーをもらって元気になりたい!ヒーリング・スポットで癒しを感じたい・・・

 

そんな皆さんにハワイの数々のスポットをご紹介したいと思います。

【カフナ・ストーンズ】 ヒーリング・病気治癒

 

場所はワイキキ、クヒオ・ビーチの交番のすぐ隣。ツーリストの方でも気軽に訪れることが出来る場所にあります。

 

このカフナ・ストーンズは16世紀にタヒチからやってきた4人のカフナ(祈祷師)がタヒチに帰る前にそれぞれのマナをこの石に残していったと言われていて、4つの岩にはカパエマフ、カハロア、カプに、キノヒとカフナ4人の名前がつけられています。

 

この4つの岩には強いパワーがあり、病気治療や癒しを求めて今も尚、多くの人がこの場所を訪れています。

ワイキキをふらりと散歩したついでに立ち寄って、是非パワーを感じて下さい。

【カヴェヘヴェヘ】 病気治癒

 

ワイキキビーチの西側、アウトリガー・リーフ・ホテル前に広がるカヴェヘヴェヘは通称「癒しの海」と呼ばれ、古代ハワイアンたちが病気治癒のためにやってきたと言われている場所です。

 

このエリアは山から降りてきた雨水が地下を通ってこの浅瀬に湧きだし海水と混ざりあっており、昔から海水と淡水が混ざり合うエリアにはマナが宿るとされていたため、このカヴェヘ・ヴェヘにも強いパワーがあるとされています。

 

カヴェヘヴェヘとはハワイ語で「病気を除去する」と言う意味。
古代ハワイでは病気というのは犯した罪への罰として引き起こされたものと信じられていたため、海藻で作ったレイを首からかけ海に入り、懺悔と共に祈りを捧げると病気が治ったとと言われています。

【ペレの椅子】 エネルギー

 

オアフ島の東海岸を走っているとマカプウ・ポイントの手前、ハワイカイ・ゴルフ・コースの向かいに椅子のような形をした巨大な岩が見えてきます。

 

これはペレの椅子と呼ばれ、ハワイ神話に登場する伝説の火の女神ペレがハワイの島々を作りながら旅をしていた際にこの岩に腰かけて休息を取ったと言われており、溶岩で出来たこの岩は大地のエネルギーを感じることができます。

 

ペレはとても嫉妬深い神であったので、ここは恋愛成就には向かないと言う説も・・・
大地から大いなるエネルギーを感じたい時に訪れてみて下さい。

【マカプウ・ヘイアウ】 禊ぎ・旅行安全・悩み解消

 

冬はホエール・ウォッチングなどで賑わうマカプウ・ポイントのすぐ先、シーライフ・パーク向かいのパーキングエリアのすぐそばにマカプウ・ヘイアウはあります。

 

ヘイアウとは古代ハワイにおいて神殿や寺院のような役目を果たしていた場所。
豊漁を祈願して作られたこのヘイアウは2つ並んでそれぞれ男性神と女性神が祭られており、主に禊ぎ、旅行祈願、悩みの解消などの効能があるとされていてサークル型に広がったヘイアウに積み上げてある石を触るとパワーを感じて手がビリビリすることも・・・

 

今もこのヘイアウは昔からこの場所を守ってきたハワイアンと同じ血統を持つ者たちによって大切に守られ、訪れる人々へ多くのパワーを与えています。

【マカプウ・ヒーリングプール】 心のクレンジング

 

マカプウ・ヘイアウの前に広がる入江はマカプウ・ヒーリングプールと呼ばれ、
古代ハワイアンたちが心身の浄化を求めてやってきた場所と言われています。

 

ネガティブな感情を海に解き放つことによって心身のバランスを取り戻す事が出来ると信じられ、このヒーリングプールに身を沈め、オリ(祈り)を唱えると心の中の悲しみや悩みなどを浄化することが出来たと言われています。

 

ラビットアイランドを望むとても美しい景色が広がるこの場所は澄んだ空気が心地よく、透明度の高い冷たい海水に足を浸すと身体の中にスーっとしたものが通り抜けていきます。心の中の悪いものがすべて海水に溶け出していくような感覚を覚えます。

【ウルポ・ヘイアウ】 癒し・豊作祈願

 

オアフ島最古のヘイアウと言われているウルポ・ヘイアウはカイルアタウン手前の静かな住宅街の中にあります。

 

伝説のメネフネ達が石を手から手へと運び、数メートルという高さのこのヘイアウをたった一晩で建てたという言い伝えもあります。また北極星に向いて作られたこのヘイアウは「夜のインスピレーション」という意味があるそうです。主に農作物の豊作を願い農耕の神ロノが祭られており、首長たちの出産の場所に使用された神聖な場所とも言われています。

 

また、このウルポ・ヘイアウではノニ、ククイ、タロイモ、パンの木など様々な植物を見ることが出来ます。是非たくさんのハワイの植物と住宅街の中とは思えないくらいの緑豊かな静かな佇まいに心から癒されて下さいね!

【クカニロコ バース・ストーン】 安産祈願・癒し

 

ノースショアへ向かう途中のワヒアワ地区にある、赤土の上にゴツゴツとした岩が広がるクカニロコ。通称バースストーンとも呼ばれ古代、王族の女性たちがその岩の上で出産したと言われています。

 

大変に神聖な場所で、王族以外の人間の立ち入りは一切禁止され、それを破ったものは処刑されたとも・・・ その岩々には産みを和らげるマナが宿っていたとされ、その岩の上で生まれた子供は高貴な存在になると信じられていました。

 

また、このヘイアウはオアフ島の中心(臍)にあたり、この土地と王族を結びつけていたと言われています。この神聖な地には非常に強いマナが漂い、今も安産を祈願してやってくる人が絶えません。ここに広がる特別な空気にはきっと何かを感じとることができるでしょう。

【プウオマフカ・ヘイアウ】 癒し・平和祈願

 

ノースショアのワイメア湾を望む高台にあり、オアフ島最大のヘイアウと言われているプウオマフカ・ヘイアウ。戦いの勝利を祈願して建てられたヘイアウで戦いの神クーが祭られています。

 

ここはかつてルアキニ(人身御供)の場所だったとされており、アメリカから船に乗ってやってきたバンクーバー船長の部下や当時の奴隷たちが生け贄にされてこのヘイアウには眠っているそうです。クーは戦いの神であると共に森の薬草と癒しを司る神でもあったと言われているため、ここに癒しを求めてやってくる人もいるようです。

 

ヘイアウの祭壇には今も尚たくさんのレイや果物などのお供え物が絶えず供えられ、ハワイの神話を信じるハワイアンたちが平和を願いこの地を訪れています。

 

今回、オアフ島にある様々なヒーリングスポット、パワースポットをいくつかご紹介させて頂きましたが、ハワイにはまだ他にもヒーリングスポットがたくさんあります。こういった神聖な場所には神が眠り大いなるマナが宿るとされておりますので、是非敬意を持って訪れて下さい。また、ヘイアウにある石や植物を持ち帰ることはタブーとされています。ルールを守ってハワイの神々や大地からたくさんのパワーをもらって下さいね!

2011年2月24日公開