ハワイで駅伝初開催!第1回ホノルル・レインボー駅伝
en-US

ハワイで駅伝初開催!第1回ホノルル・レインボー駅伝

2013年3月7日   Number of views (3336)  ワイキキ・パーク・ホテルスポナビハワイチームホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)初心者ホノルル・フェスティバルワイキキ・キッチンタスキオアフ島

Aloha!スポナビ編集部です。
第1回となるホノルル・レインボー駅伝が去る3月3日に開催されました!

「ハワイ初、アマチュアランナー対象市民“駅伝”イベント「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)」開催が決定しました! “駅伝”は日本で生まれ、すでに約90年の歴史を持つ日本の文化。近年では“EKIDEN”として国際的にも広く知られています。そんな日本の誇る文化イベントを、“太平洋のおへそ”に位置するハワイを舞台に開催。

ハワイを舞台に環太平洋の国々、地域に“虹”をかける。参加者のこころを「タスキ」でつなぐ。スポーツを通じた交流によって民族や世代を越えた交流の輪を広げ、親善の「輪」(レインボー)を大きく幾重にも拡げる。そんな願いを込めた新たなスポーツ交流イベントです。」
(以上、公式サイトより)

そしてこの大会の運営をスポナビハワイが総力をあげてお手伝い。
今回はスタッフの声を交えながら当日の模様をお届けします!

ホノルル・レインボー駅伝

スタート&中継地点(フォート・デ・ルーシー公園):A-1
「フォートデルーシーのカラカウア通り側から12時過ぎ、キャノン砲の合図と同時に一斉にスタートしました。優勝を狙う真剣なトップランナーから、最初からマイペースで楽しむランナーまであっという間のスタートでした。」

記念すべき第1回目の大会には日本からの30チームを含む合計80以上のチームが参加!
駅伝の代名詞である"タスキ"を繋ぎながら観光客で賑わうワイキキの目抜き通り"カラカウア通り"を駆け抜けます。ちなみにこのタスキはハワイらしくリボン・レイなんですよ。

その後中継地点では次のランナーを呼ぶ係のA-1。
「サラトガ通りに敷かれたマットで、どのチームのランナーが来るかわかります。個人走の普通のランニングレースと違って、駅伝はチーム競技なので仲間との一体感も生まれるし、競争相手との抜きつ抜かれつもあるので、本当に盛り上がりますね。仲間が頑張るから自分も頑張る!みたいな中継地点で引き継がれるリボンレイのタスキがその魂というか気合を受け継ぎます。」

ホノルル・レインボー駅伝

色取り取りのタスキを掛けたランナー達は、力強くカラカウア通りを走り抜けて行きます!
ホノルル・フェスティバルで賑わう街の沿道ではたくさんのギャラリーが声援を送っていました。

ホノルル・レインボー駅伝

サーフィンの神様"デューク・カハナモク"像の前を駆け抜けるランナー達。

ホノルル・レインボー駅伝

走るとなんとも気持ちの良い海沿いの遊歩道を進んだ先に、最初のエイドステーションが見えて来ます。

折り返し地点&エイドステーション(サン・スーシー・ビーチ):Daisuke
「日中のレースと言う事で、エイドステーションは大賑わい。各エイドステーションにはマウイ島からのボランティアも参加。ランナー達はマウイっ子の応援を背に元気よく折り返して行きました。」

ホノルル・レインボー駅伝

サン・スーシー・ビーチで折り返したランナーは再びカラカウア通りを走り、次のランナーが待つフォート・デ・ルーシー公園へ。

タスキが繋がる瞬間。これぞ駅伝の醍醐味!
1チームは5名。第1~4走者までは5km、アンカーは6kmの計26kmで争われます。

ホノルル・レインボー駅伝 ホノルル・レインボー駅伝

エイドステーション&フィニッシュ地点(モアナ・サーフ・ライダー前):Kazu
「第1回目のイベントなので実際にどういった動きになるのか心配でしたが、ワイキキのカラカウア・アベェニューの一車線をランナー達が駆け抜けました。僕が居たこの場所は折り返し地点からスタート地点へ向かうランナーが給水出来る場所でもあります。丁度、熱い時間帯のスタートなので選手たちは熱いらしく、頭 から水を掛ける姿が多く見られましたね。

スタート時は応援する方もまばらでしたが、各チームの最終走者が走る頃には走り終えたランナーや沿道で応援する人であふれ返りました。タスキを繋げてのゴールって感動ですね。皆さん、興奮が止まない様でゴールしても中々その場から離れる事なく、走った仲間しか分かち合えない感動をいつまでも共有してました!本当に嬉しそうでしたよ。」

ホノルル・レインボー駅伝

レジストレーション&ランナーサポート:Tomomi
「スポナビハワイからのお客様も"ランニング・スタイル x スポナビハワイチーム"としてエントリーされ、見事フィニッシュ!先日それぞれ初めて会ったばかりですが、もうチームワーク抜群!?走行順はクジ方式で決めました。見事完走!おめでとうございます!また来年も参加お待ちしております!」



こうして大いに盛り上がった第1回ホノルル・レインボー駅伝は無事幕を閉じました。
かつてないリレー形式の大会と言う事で苦労した点もありましたが、各関係者をはじめボランティアのみなさんのご協力もあり素晴らしい大会にする事が出来ました。

来年は今年以上に素晴らしい大会になるようスタッフ一同頑張ります。
みなさんの参加をお待ちしています!


2013年3月7日公開