en-US

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

2013年10月3日   Number of views (2985)  マウイ・マラソン

アロハ!Kazuです。
9月22日に開催された第43回目のマウイ・マラソンに行ってきました。美しい海岸線を走る、このランニングイベントには、7つのカテゴリーが設定されていて他のイベントには無い楽しみ方が出来ます。

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

フル、ハーフ、10K、5K、1.6Kと5種類あり、更にウォリアーチャレンジと称してフルマラソン、10K、1.6Kの組み合わせとハーフ、5K、1.6Kの2種類の組み合わせて2日間で3種目にチャレンジするというユニークなイベントです。総勢3000人強のランナー達がそれぞれのカテゴリーを走りきりました。

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

さてさて、今回はマラソンイベントを支えているといっても過言では無いボランティア(裏方の方達)をレポートします。

フルマラソンではエイドステーションが18か所、約3キロメートルごとに設置されています。そこでは、ローカルのボランティアによる力強い応援があります。 様々な団体が参加していて全て違う集団なので、それぞれ各エイドステーションでは、個性あふれた雰囲気を感じることが出来ます。

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

小さな子供からお年寄りまで、みんな熱心に1人ひとりのランナーを応援します。走ってエイドステーションを通過すると、あまり気がつかないかもしれませんが、こんな小さな可愛い子供たちも全力で一生懸命に応援してるのです。

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

心が折れそうになった時に、この力強い応援が、どれ程の励みになるか!!!走った方なら、わかりますよね。

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

また警察官の姿も!
彼らはただ交通整理をしているわけではなく「頑張れっ!」と、ランナーに声を掛けたりしてくれます。この警察官は日本人が走ってくると、日本語で応援していました。聞くと1年間、日本に住んでいた事があるそうです。そんな思いもよらぬ一言も嬉しいものですよね。

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

ゴール付近では賑やかな小学生のチアガール達がゴール間際のランナーを温かく迎えてくれます。時間制限ぎりぎりになると全員でランナーに駆け寄り、一緒になってゴールへ送り出します。感動して涙を流している方もいましたね。

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう! マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

コバルトブルーの海を見ながら海岸線を走り、暖かなローカルの応援を是非体験してみてください。

マウイ・マラソンで暖かい応援を体験しよう!

さて、5+2大マラソン達成に近づいた方、またはこれから目標として走ろうとしている方。湿気の無い、清々しいハワイで走り切ってみませんか?

出場したいけど色々と考えちゃう方々!でも大丈夫です!スポナビがサポートしますのでご安心を!

参加お待ちしております。それではまた!

2013年10月3日公開