ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013
en-US

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

2013年5月21日   Number of views (3905)  ワイキキ・パーク・ホテルスポナビハワイチームホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)初心者ホノルル・フェスティバルワイキキ・キッチンタスキオアフ島

Aloha! スポナビハワイのコクア・レポーターのペレ・レイコです。
ハワイのラン大会にはまって、はや、12年。ソロ・スポーツとして数々のマラソンレースに参加してきましたが、5月12日に開催された「ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013」では、チームスポーツとしてのランニングの醍醐味を味わってきました。

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

約80%が風光明媚なオアフ島の東側ビーチラインコースで、カピオラニ公園~サンデービーチ~カピオラ公園の42.195kmです。1名での単独参加、あるいは、2~6名のチーム参加でのエントリーが可能で、大会事務局の発表では、およそ200組が参加しました

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

総合優勝チームには、日本~ハワイの往復航空券、区間賞にはホテル宿泊券をはじめ、賞品多数!モチベーションもあがります。

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

エキスポ会場には、トライアスロンのコーチでもいらっしゃる中島靖弘コーチに遭遇!

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

大会には多くのローカル企業もサポート。スタジオリムハワイもメディアサポーターとして大会を盛り上げました。

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

タスキにはタイム計測チップが埋め込まれています。

それでは、「チーム・スタジオリム・ガールズ」のメンバーを紹介します。トライアスリートを含め、健脚快走女子の皆様が集ってくださいました!事前ミーティングでの目標タイムは、4時間10分。

第1走者:飯島 寛子(5.4km)
第2走者:関戸 敦子(9.2km)
第3走者:ヴァーレイ みつえ(6.1km)
第4走者:末信 由美子(6.1km)
第5走者:本田 弓子(9.2km)
第6走者:ロジャース 徳重 玲子(6.2km)

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

第1走者:飯島 寛子(写真一番右)
【コメント】駅伝の深い味わいは、仲間と一丸となって分かち合える"きずな"です。各区間のコースもバラエティにとんでいて、チームメイトと担当エリアを決めるところから駅伝の楽しみは始まりました。タスキを身にまとい全力疾走!次の走者に渡した瞬間の爽快感はたまらない喜び、本当に楽しめました。写真は、他のチームで第1走者として参加されていた日本航空の大久保良市さんと、アロハストリートの松本律子さん。

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

第2走者:関戸 敦子
【コメント】チーム6人、力をつないで応援し合っての感動的ゴール!前走者の姿を探す期待感。次走者へ気持ちをこめて渡すタスキ。中継テレビを見ながら、他の走者を応援。いろんなドラマがあって、ローカルも日本人も楽しめる、1人で走るマラソンとは違う醍醐味がありました。ゴール後に皆で食べたテントのカレーが格別でしたね(笑)

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

第3走者:ヴァーレイ みつえ
【コメント】久々のレースでしたが、駅伝を楽しみました。毎年の恒例行事になるとよいですね。直前は、チームジェットのリックコーチに練習をつきあってもらいました。

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

第4走者:末信 由美子(写真右)
【コメント】チームで走りましたが、ふりわけられた各区間の距離もよかったように思いました。自分の事でいっぱい、いっぱいだったのですが、全体的にレースのながれ、係りの方の誘導がスムーズでとてもわかりやすく心から楽しめました。

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

第5走者:本田 弓子(タスキを受け取った瞬間)
【コメント】今回駅伝に出場して、1人で走るのとは全然違う、チームスポーツの面白さを実感しました。皆で勝ちとったサブ4は6人分の6倍嬉しかったです。駅伝の面白さをもっとたくさんのハワイの人に知ってもらいたいです!

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

第6走者:ロジャース 徳重 玲子
キラウエア通りの心臓破りの坂には肝をつぶされましたが、アンカーという大役を楽しみました。(笑)フィニッシュラインにチームメイトが待っていてくれて、みんなの伴走が、エネルギーチャージとなり、本当に嬉しかったです。たくさんの応援ありがとうございました。

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

また、大会当日の夕方からは、サンセット・オン・ザ・ビーチでは、ハワイ初の「OTODAMA FES」が盛大におこなれました。飯島寛子さんは、すっかり、キマグレンのファンになったそうです。その頃、私は、日本へ向かうフライトの機上。興奮さめやらぬ私の頭の中には、「ホノルル・シティ・ライツ」という曲がリフレインしていました。ハワイ去りがたし、ハワイ最高!

ホノルル駅伝&ミュージックフェス 2013

目標タイムは、4時間10分でしたが、サブ4達成。結果タイムは、3時間57分46秒。フィニッシュした182組中、第51位でした。親愛なるチームメイトの皆様へ。もっと、練習して、来年は、さらに記録をのばせるように個人的にも頑張りますので、来年もチームメイトでいてくださいね。→駅伝レース結果

最後になりましたが、事務局の皆様、ボランティアの皆様、本当にお疲れさまでした。